FC2ブログ
無料で募金v
ここから検索するとECナビさんが代わりに募金してくれます♪


お得なポイント貯まる!ECナビ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
あし@

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せに気づいてますか?



16万部を突破したベストセラー『大切なことに気づく24の物語』の第2弾『小さな幸せに気づく24の物語』が7月18日に発売されました。


いつもと変わらない生活。
そんな中にある小さな幸せ・・・。
それに気づく時はどんな時ですか?

病気で寝込んだりした時?
いつも側にいてくれた人が、いなくなってしまった時?
大切な何かを失くしてしまった時・・・?

小さな幸せって、失ってから気づくことが多いのではと思います。

小さな幸せに気づく24の物語』は、いつもと変わらない生活の中に、どれだけの幸せがあるのかを気づかせてくれる、そんな心に響く話や言葉がたくさん詰まった1冊です。

この本のテーマは「成長」です。
毎日の生活の中にある「幸せ」を意識して生きていくことで、悩みや苦しみを乗り越えていける強さを持った自分に「成長」できるのではないかなと思います。

あなたの周りにある幸せ、気づいてますか?


↓モデルの押切もえさんの朗読による動画です。



それから、小さな幸せに気づく24の物語から、1物語をどうぞ。

<story1>洋服の仕立て屋(『小さな幸せに気づく24の物語』より)
 
友人から考えさせられる話を聞いたのでご紹介します。
 ある小学生の男の子が急な雨に降られて、
 ずぶ濡れになって家に帰ってきました。
 
 お母さんはすぐにお風呂に入れて風邪をひかせないように
 早目に寝かせました。
 
 次の日、いつものように母親が起こそうとしたのですが
 男の子は起きることができません。

 起きようとしても体が布団の上から動けないのです。
 驚いた母親が医師に見てもらったところ、
 進行性の筋ジストロフィーであることが分かりました。

 「この子はながくとも20歳までしか生きられない」

 と医師に言われました。

 その夜、お母さんはお父さんに子どもの病気のことを話したのですが、
 寝つかれなかった男の子は自分が20歳までしか生きることができない
 という話を聞いてしまいました。

 その後、男の子は車いすに乗りながら学校に通いました。
 中学生になる頃、お父さんが男の子に、

 「将来、何になりたいんだ? どこの中学に行きたいんだ?」

 と尋ねました。男の子は、

 「僕をもう、これ以上騙すことはやめてほしい、
  僕が20歳までしか生きられないことは話を聞いて知っている。
  僕は学校の先生が『一日に一つ良いことをしなさい』と言ったので、
  一日三つ良いことをしようと思う。
  そうすれば60歳まで生きたのと同じになるから…」

 と目に涙を浮かべながら話しました。

 驚いて何も言えないお父さんに男の子は、

 「僕は中学には行かない。それよりも、洋服の仕立て人になるために
  見習いに行きたい。
  死ぬまでにお父さんとお母さんのおそろいの服を作って、
  着てもらった姿を見てから死んで生きたい」

 と続けて話しました。


 続きはこちらで。
 http://www.24monogatari.jp/


※『小さな幸せに気づく24の物語』はレビューブログさんからの紹介です。




スポンサーサイト

HIRO

洋服の仕立て屋さんの話をよんで
涙がでました・・・

ほんと自分の置かれてる立場がどんなに幸せなことなのか
そんなことに気付かなかった自分がなんだか
恥ずかしく思いました。

素敵な本の紹介ありがとうございました!
この本に出合えたこともまた、幸せな事ですねっ♪

応援凸
2008/07/24(Thu) 18:55:14 | URL | [ 編集]

にょむ

> HIRO さん

コメント&応援、いつもありがとうございます♪

なかなか気づけないものですよね。
気づいても、忘れてしまったり・・・。
本当は誰かと比較して気づくんじゃだめなんだって思うのです。
HIROさんにとって、この本を知ったことで気がつくきっかけになったのなら嬉しいですv
2008/07/24(Thu) 22:46:38 | URL | [ 編集]

永田や COO

『小さな幸せに気づく24の物語』
さっそく読んでみたくなりました!
幸せが当たり前、そう思っていてはだめなんでしょうね。
ほんの小さな幸せでも、それに気づくこころが大切。
こんど書店に行って探してみます!
2008/07/25(Fri) 10:15:22 | URL | [ 編集]

にょむ

> COO さん

コメントありがとうございます♪

> ほんの小さな幸せでも、それに気づくこころが大切。

にょむもそう思います。
こころの持ちようによっては気づけないこともあると思います。
そんな時には、この本やお話を思い出して気づけるきっかけなれば良いなと思います。
2008/07/25(Fri) 12:08:31 | URL | [ 編集]

hana

素敵な本を紹介してくれてありがとうございます。
同じ出来事でも、受け取り方で全然違いますよね。
小さな幸せを見逃さない人になりたいです。
2008/07/25(Fri) 22:34:07 | URL | [ 編集]

にょむ

> hana さん

コメントありがとうございます♪
にょむにとっても、この本の紹介は良いきっかけになったと思います。
こうやってコメントを残してくださること、構ってもらえることも、にょむにとって幸せなことなのです。
いつもありがとうございますv
2008/07/26(Sat) 15:13:31 | URL | [ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。